今日のなっちゃん2006年09月23日 13:08

今日のなっちゃんです
最近・・朝のご挨拶が優しくなってきました
なっちゃんの「おはよう」は私の足を噛む事から?・・でしたが
今朝は私の顔のそばにきて、ごろっと横になり
「早く起きて私にごはん頂戴」・・と目で訴えてました!
これが続いてくれるといいんだけど・・・なあ

新幹線ファステック3602006年09月17日 20:14

この間 録画しておいたテレビチャンピオンの新幹線王!
を何気なく見直していた時にああーそういえば確か
この春 仙台に行った時 たまたま 帰りの新幹線の
ホームに見たことのないすごい新幹線がすーっと止まって
あんまり格好が良いので思わず写真を撮ったっけ!
あれはどうやら新幹線マニアの間ではすごいしろものらしい
と・・確認して・・・調べてみるとほんとにすごい!
未来の新幹線とPRしていて時速360Kも出るらしい!!
よく見かける鉄道マニアの写真家もいなくて
ほんとに偶然だったらしい・・ネットを見てもちゃんとした
写真が殆どない!・・・でもって私はマニアではないけれど
マニアのために写真を公開する事にした!
実物はほんとにかっこいい。思わず見とれてしまった!

芸術の秋第2弾・シェークスピア・ヴェニスの商人2006年09月13日 15:16

芸術の秋にふさわしい映画・・お勧め第2弾!
私の大好きなアルパチーノの「ヴェニスの商人」
この映画も去年の秋に公開されたものだけれど
もうDVDが出ているので レンタルできるでしょう
何と言ってもシェークスピア 台詞が素晴らしい
そしてアルパチーノの名演技が光ります
彼の代表作のひとつにしたい!
イタリアロケをしているので イタリアに旅行した人は
おなじみの観光地が又 別の想いで眺められます
ビヴァ!アルパチーノ!

芸術の秋・シラノ・ド・ベルジュラック2006年09月13日 14:37

芸術の秋です!文芸の薫り高い作品を
少し古い作品ですが 秋の風に吹かれたら記憶がよみがえりました
フランスの名優 ジェラール・ド・パルデューが1990年に主演した
映画です。原作は言わずと知れた鼻の長いシラノの苦しくも
美しい片想いの恋を描いたお話ですが・・その台詞のひとつひとつ
が宝石のようにあなたのハートを彩るでしょう。
シラノの最後の言葉は あなたの心に刻まれて
いつまでも光り輝くに違いない・・・
言葉の大切さを知るための映画 いかがです?

美女と野獣 ジャン・コクトー2006年09月10日 21:41

芸術の秋です!忘れられない名画をお勧めします
昭和23年フランス映画 勿論 白黒ですが その美しさは
カラーに勝ります。淀川さんもこれを究極の映画ベスト100に
残しています。淀川さんのほめ方はこうです!
「これはフランスの香り。ダイヤモンド。コクトーの永遠の名作」・・と
お話は3人の娘を持つ商人が旅の途中で迷い古城に住む野獣と
出会います。彼は命を助ける代わりに商人の娘を差し出すように
と言います。3人の娘の中で一番心の優しい娘が一人、古城に
たどり着くと暗闇の中に広い廊下が現れます。
その廊下を心細げに進んでゆく娘の眼前ににょっきと壁から
手が現れて見事な細工の蜀台にろうそくの灯りをともしながら
次々と現れては消えてゆきます。実に幻想的でどきっとする
シーンで今でも鮮明に記憶に残ります。(私が見たのは
リバイバル上映ですよ!)
やがて娘は野獣に愛され大切にされて豪華なドレスや
宝石をプレゼントされるのですが・・そのドレスの豪華な事!
映画がカラーになってからもあのドレスの豪華さをしのぐ美しさは
見た事がありません。ため息が出るほどの美しさです
この映画を見て岸恵子は女優になろうと思ったそうですし・・
後年 彼女は仏に渡ってコクトーの最後の演出になる芝居に
主演しました。人生を変える映画にもなりうる程の名作です

今日のなっちゃん2006年09月06日 17:14

今日は朝からテレビで親王ご誕生のニュースを!
なっちゃんはそのテレビの上に陣取って「今日は何事?」

8月の読書2006年09月03日 14:25

新潮新書「国家の品格」藤原正彦著
新潮新書「本気で言いたいことがある」さだまさし著
新潮文庫「プリンシプルのない日本」白州次郎著
8月の主な読書のラインナップ!
ちょっとお説教調のものを選んでしまいましたが
でも どれも面白かったです
品格という事は最近考えますね・・
世の中が華美や退廃に流れてゆくのは仕方ない
としても・・・品というものが失われてゆくのは寂しい
歌右衛門や志ん朝・・フレッド・アステア・・
品のある芸が見たいものです・・脱線しました!

雨月物語 溝口健二2006年09月03日 12:12

先週 NHKのBSで溝口健二監督の特集をやっていましたね
その中でも「雨月物語」は秀逸でした。この作品だけは映画館で
特別上映された時に見に行きましたが、もうずいぶん昔です
けれどもすでに画面には雨が降ってましたが・・それでも作品の
美しさは充分伝わってきました。私はこの映画を見ると いつも
ジャン・コクトーの「美女と野獣」を思い出します。白黒の美というの
でしょうか・・京マチ子の幽霊の表情が微妙に変わってゆくところなど
素晴らしい映像美です。このふたつの作品だけは映画ファンなら
抑えておきたいところですね。溝口監督はインタビューで
「私は品のある作品を撮りたい」と語っていますが・・まさに
白黒の美を追求した品のある素晴らしい作品です。
近頃は 品のあるものが少なくなってきました・・ヽ(´~`;

ザ・カップ2006年08月30日 15:32

掃除してたら昔みた映画のメモが出てきました。
そのままくずかごに捨てるには惜しいのでここにアップ!
ブータンで作られたワールドカップを背景にした映画ですが
お寺の若い僧侶たちが修行の合間にサッカー観戦を楽しみにして
るんですが・・その若い層たちの修行の場面で師が淡々と彼らを前に
説く場面がいいんです。
「お前たちに問う・・大地を歩けば足が痛い。楽に歩けるように地球を
皮で包めるか?」「いいえ和尚様」「ではどうする?」「私たちが皮の
はきものを」「そうだ。大地を皮でおおいつくせないように全ての敵を
打ち倒すことは誰にもできない。この大地が無限であるようにこの世の
敵もまた限りがない。しかし、もし憎しみを克服できたならば、人の
心は安らぎを得る事ができよう。それは全ての敵を打ち倒したに等しい
敵そのものが消滅する。生きとし生けるものが抱くあらゆる不満
この世にある全ての憎しみや恐れ、人の世の悲しみや迷いあらゆる
苦痛。一切の衆生が抱える煩悩というものは即ち己に執着すること
から生まれる。自己への執着心から煩悩が生じるのだ。では、この
自己への執着という悪魔から人は一体どうすれば解放されるのか?
煩悩から己を救う道はあるのか?悪しきものからおのれを解放し
一切の衆生を苦しみから救うためにはまず、森羅万象の中におのれを
空しくし、己と同じように他者を慈しみなさい
苦しみを解決する事ができなければ、不幸である事に何の意味が
あろうか?この世の苦しみから開放されれば果たして人は不幸で
あろうか?」・・・・・古い映画ですが興味がわいたらレンタルしてみては?

お昼寝・なっちゃん2006年08月28日 19:30

出窓は暑いんですが・・・暑い中でお昼寝です!