御殿場茶目湯殿のお庭2006年07月03日 20:17

5月に行った御殿場の茶目湯殿の庭にいた可愛いお地蔵さん!
緑の中に埋もれてて 気持ち良さそうでしたのでパチリ。
やっとアップできました。ここのお風呂は18才未満お断り
ゲームも何にも置いてなくて静かな環境だけがごちそうの
大人のお風呂です。最近 富士山を眺める露天風呂が出来ました

開運懸賞なび2006年07月07日 20:32

今日発売の開運懸賞なびに悠水南のお勧め開運シネマの記事が
載りました。P104・「ハイジ」の紹介をしています。
良かったら読んでくださいね

キャサリン・ヘップバーン2006年07月09日 12:17

本の表紙を開いた中表紙の部分です
どのキャサリンも素敵に写っています

キャサリン・ヘップバーン2006年07月09日 12:24

先日 東戸塚の本屋さんで洋書のバーゲンをしていました
そこで見つけたのが大好きなキャサリン・ヘップバーンの写真集!
4500円が1680円になっていて 4冊ほどありました
まだ残っているかも・・お好きな人はどうでしょうか?
本の冒頭で彼女がこう言ってます・・私は写真を撮るためにポーズ
をとったりしないわ。自然のままの私を撮るなら写真集を出してもいい
彼女の言葉そのままに普段の飾らない生活やスタイルが写っています
しばらく英語はご無沙汰しているので 久し振りに辞書片手に
ページを繰っていこうかと思ってます。わくわく!

神倉神社2006年07月12日 03:54

旅の最後の締めくくりは神倉神社です
ここは巨岩がご神体の神社です。
速玉大社の祭神は最初にの巨岩のある場所に降臨したと言われます
近くで見るとその迫力に圧倒されます。ふもとの鳥居から急な階段fが
583段も続いています。源頼朝が寄進したと言われる階段ですが
これが実にけわしいもので油断すると転げ落ちてしまうかのような勾配
それでもこのご神体のパワーはびりびりとして圧倒されます
ここからは新宮の街が見渡せて実にさわやかな気持ちになりました
この後は白浜空港から飛行機で一路 なっちゃんの待っている
我が家へと帰りました。その時のエピソードですが・・
俳優の榎孝明さんが同乗していました。私の斜め後ろくらいに
座ってましたよ!実物は色黒なんですね・・でも背が高くてスマート
白浜空港では和歌山ラーメンを食べてました・・余分な事だったかな!
そのうち 熊野で頂いた御朱印の写真もアップする予定です・・・次回に

速玉大社2006年07月12日 04:30

そろそろ旅の終わりにさしかかりました
新宮に戻り、速玉大社を目指します。街の中を15分ほど歩くと
鳥居が見えてきました。この時は11時過ぎ・・もう陽射しが暑かった
ので結構疲れました。それ程広くない境内ですが丁度、火祭りの準備
にさしかかっていてきれいになっていました。ここの巫女さんは親切で
次に訪ねる神倉神社の案内を丁寧にしていただきました。
三社まわって一番感じが良かったです!お土産店のおばさんが
お茶を入れてくれて感じが良かったので「青梅ジャム」を買いました

その後 神倉神社までは又 歩きます。15分くらいかなあ・・
ちょっと疲れたので歩いている途中で「めはり寿司総本舗」の食堂
の看板を見たのでそこでお昼・・めはり寿司はもう駅弁で食べたので
普通の定食を注文・・お店は平日でお祭りの前なので暇そうでした
定食のご飯をみて昨夜、食べた温泉で焚いた黄金色のご飯を
思い出しました。あれは美味でした!!

熊野本宮大社2006年07月12日 05:30

2日目の最初は熊野本宮大社です。つい先日まではサッカーファン
で賑わっていたのではないのでしょうか?ここの神様のお使いは
ワールドカップの日本代表のユニフォームにデザインされている
脚の3本ある「やたがらす」です。大斎原にお参りした後は大社の
158段の石段を昇ります。境内にはお祭りの用意か・・テントが
あってその中でもお土産やお守りを売っていました。
ここの神様は明治時代に水の被害を受けるまでは先ほどの
大斎原にいらしたのですが・・明治の水害の後 ここに移りました
大斎原は昔は川の中洲にあって水の中を素足で渡ってゆくのが
修行とされ、中州に渡った後、上皇様達は何日も精進潔斎して祈願
したといわれています。中州の形が女性の子宮をイメージするところ
から、熊野は生きて・・又・・死に・・魂の甦りの地とされているのですが
本宮大社の神前に立つと女性的なパワーよりもっと荒々しい力
を感じてしまいます。
その荒ぶるパワーを受けたせいか??若いバイトの巫女さんの態度
にはかちんと来ました!普通はどこでもにこやかに「お参りご苦労さま
です」と言ってご朱印帳を返してくれるのにぶすっとしてます!
感じが悪いので少し離れた所から聞こえるように「感じが悪いのよ!」
と意地悪しちゃいました!神様 すみません!巫女さんも感謝の心を
もっと伝えて欲しいですね。

大斎原 おおゆのはら2006年07月12日 06:36

大斎原と書いておおゆのはらと読みます。湯の峰温泉から
8時4分発のバスに乗って到着。まだ時間が早いので先に
大斎原へ向かいます。バス停は本宮大社前で降りてそこから
歩いて6.7分くらい。田んぼの真中に参道が1本まっすぐに
伸びているので迷う事はありません。鳥居は暗くなるとライトアップ
するようで左右に大きな照明器具がありました。しかし大きな
見上げるばかりの大鳥居です。高さ33.9mといいますから
ちょっと想像してみてください。ビルにしたら8階建てくらい?
鳥居をくぐって林に入ると静寂な朝の気が満ちていて鳥の声と
近くを流れる川の音が疲れを癒してくれます。
もし時間があったら是非 林の中を抜けて川のほうへ行ってみて!
古代はこの川の流れに囲まれてご神体があったのです。
川の流れに手を入れてみました。きれいに澄んだ清々しい水です

湯の峰温泉 あづまや2006年07月12日 08:54

表示と違ってこれは7月11日の分です
1時間半・・バスに揺られてやっと着いた湯の峰温泉
今夜の宿は「あづまや」さんです。ここはフランスの文学者
アンドレ・マルローが「これぞ日本の旅館」と賛辞した素朴だけど
ひなびたたたずまいの風情のある名旅館です。皇后美智子さまと
紀宮さまそれに皇太子もお忍びでいらしているらしい・・そういう写真
がロビーに飾ってありました。最近はフランス大使夫妻がプライベート
に訪れたようです。・・・とは言ってもホントに素朴な旅館・・
アメニティーグッズもフルにそろっている訳ではないし、一流旅館
のように浴衣を何枚も用意している訳でもなく部屋も格別豪華でなく
・・何がいいのかというと お風呂!です。木造りの古いお風呂場で
又 そのお湯が最高にいいお湯です。1800年も続いている名湯です
硫黄の匂いの強い・・湯の花のたくさん浮いている白いにごり湯です
ここのお湯は飲めます。まろやかな良い味でした。ここのお料理
は全て温泉で煮炊きしています。ご飯も黄金色につやつやに!
夕食に出る温泉しゃぶしゃぶは熊野牛です。美味しかった!

つぼ湯2006年07月13日 14:13

表示と違って これは7月11日の分です
薬師観音のお堂の裏側の川の中に「小栗判官と照手姫」の伝説
で有名な「つぼ湯」があります。川の流れの中に建つ小さな
掘っ立て小屋という感じなんですが。薬師観音堂の隣に公衆浴場が
あるのでそこで入浴料750円を払えば入る事が出来ますけど、ちょっと
料金は高いね・・・保存管理料というところかな?すごく小さな
お風呂なので入浴は順番制でひとりずつ入ります。
温度は熱めなのでそうそう長く入れない仕組みですね・・・
小栗判官と照手姫の物語はスーパー歌舞伎で昔 猿之助が
小栗判官を演じていました。その舞台を見たことがあるので
思い出してみるとなかなか懐かしい感じもしてきました。
このお話はなかなか面白いので
興味のある人はネットで検索してみてね
 ブログは旅の終わりから逆行して書いているので段々・・
出発点に戻ってゆきます・・・では明日・・?明日書けるかな?