ザ・カップ2006年08月30日 15:32

掃除してたら昔みた映画のメモが出てきました。
そのままくずかごに捨てるには惜しいのでここにアップ!
ブータンで作られたワールドカップを背景にした映画ですが
お寺の若い僧侶たちが修行の合間にサッカー観戦を楽しみにして
るんですが・・その若い層たちの修行の場面で師が淡々と彼らを前に
説く場面がいいんです。
「お前たちに問う・・大地を歩けば足が痛い。楽に歩けるように地球を
皮で包めるか?」「いいえ和尚様」「ではどうする?」「私たちが皮の
はきものを」「そうだ。大地を皮でおおいつくせないように全ての敵を
打ち倒すことは誰にもできない。この大地が無限であるようにこの世の
敵もまた限りがない。しかし、もし憎しみを克服できたならば、人の
心は安らぎを得る事ができよう。それは全ての敵を打ち倒したに等しい
敵そのものが消滅する。生きとし生けるものが抱くあらゆる不満
この世にある全ての憎しみや恐れ、人の世の悲しみや迷いあらゆる
苦痛。一切の衆生が抱える煩悩というものは即ち己に執着すること
から生まれる。自己への執着心から煩悩が生じるのだ。では、この
自己への執着という悪魔から人は一体どうすれば解放されるのか?
煩悩から己を救う道はあるのか?悪しきものからおのれを解放し
一切の衆生を苦しみから救うためにはまず、森羅万象の中におのれを
空しくし、己と同じように他者を慈しみなさい
苦しみを解決する事ができなければ、不幸である事に何の意味が
あろうか?この世の苦しみから開放されれば果たして人は不幸で
あろうか?」・・・・・古い映画ですが興味がわいたらレンタルしてみては?

コメント

トラックバック