雨月物語 溝口健二2006年09月03日 12:12

先週 NHKのBSで溝口健二監督の特集をやっていましたね
その中でも「雨月物語」は秀逸でした。この作品だけは映画館で
特別上映された時に見に行きましたが、もうずいぶん昔です
けれどもすでに画面には雨が降ってましたが・・それでも作品の
美しさは充分伝わってきました。私はこの映画を見ると いつも
ジャン・コクトーの「美女と野獣」を思い出します。白黒の美というの
でしょうか・・京マチ子の幽霊の表情が微妙に変わってゆくところなど
素晴らしい映像美です。このふたつの作品だけは映画ファンなら
抑えておきたいところですね。溝口監督はインタビューで
「私は品のある作品を撮りたい」と語っていますが・・まさに
白黒の美を追求した品のある素晴らしい作品です。
近頃は 品のあるものが少なくなってきました・・ヽ(´~`;

8月の読書2006年09月03日 14:25

新潮新書「国家の品格」藤原正彦著
新潮新書「本気で言いたいことがある」さだまさし著
新潮文庫「プリンシプルのない日本」白州次郎著
8月の主な読書のラインナップ!
ちょっとお説教調のものを選んでしまいましたが
でも どれも面白かったです
品格という事は最近考えますね・・
世の中が華美や退廃に流れてゆくのは仕方ない
としても・・・品というものが失われてゆくのは寂しい
歌右衛門や志ん朝・・フレッド・アステア・・
品のある芸が見たいものです・・脱線しました!